結婚を機に退職や転職を考える人は多い?

結婚を機に退職や転職を考える人は多い?

結婚指輪と花

珍しくなった「寿退社」という選択肢

かつては「寿退職」と呼ばれる言葉があり、結婚を機に仕事を退職して専業主婦となる人も少なくありませんでした。

ですが現代においては、例え結婚をしても退職を考える人は減少しつつあります。これは、共働き世帯の増加と収入の減少に伴い、仕事を休むと生活が成り立たなくなるという人が増加していることの表れと言えるでしょう。

産休や育休という形で一時的に仕事を休み、落ち着いたら再び働くという人も居ますが、中には育児が忙しく、以前のように働けなくなってしまい、転職を考えざる得ないという人も大勢います。

「寿転職」って? 結婚と仕事のビミョーな関係|ウートピ

子供を育てながら働くには?

以前のように働けない状況になった場合、どのような形で子育てと仕事を両立させればよいのでしょうか。

忙しい現代社会においては、子育てをしながら働くことが困難になったとも言われています。実際、よほどの育児に対して寛容な企業でもない限り、社員の子育てによって労働力が低下することは避けたいはずです。

そのため、子育てをしている人であれば、契約社員や派遣社員という働き方を選ぶことをおすすめします。こちらは、労働時間が明確に決まっているため、自身の都合に合わせて働く時間を定めやすいほか、子供の病気といったイレギュラーな事態においても、対応がしやすいというメリットがあります。

どんな職種を選べばいい?

ひと口に契約社員や派遣社員と言っても、職種は様々ですが、生活に役立てられるという意味では、保育園の仕事などがおすすめです。保育園で働くのは、子育てを担う保育士や日々の給食を作る栄養士・調理師などが該当しますが、いずれも契約社員・派遣社員の働き方が選べる仕事です。

東京都の保育士求人なら(保育のお仕事)

とくに、現代においては保育士不足が著しく、職場や働き方を選びやすいというメリットがあります。見ての通り、都心部やその周辺都市などにおいては、その傾向も顕著でしょう。ただし、保育士と栄養士の双方ともに、資格を有していないと働ける場所や仕事内容などが限られてくるため、注意が必要です。

また、契約社員や派遣社員という立場では、高い収入やスキルアップを期待できないという声もありますが、薬剤師のように専門性の高い仕事であればその心配も無用です。こちらも調剤薬局やドラッグストアなど働く場所を選びやすいほか、数ある時間給の仕事の中でも、比較的高収入が期待できます。

正社員を続けながら子育てがしたい

もし、子育てしつつ企業の正社員として働きたい人であれば、育児に関する福利厚生制度の手厚い仕事を探すほか無いでしょう。

中には、育児中の短時間労働や一時的な部署異動などが認められている企業も存在するため、将来を見据えたうえで就職や転職を希望するのもよい方法です。